車選びのチェックポイントは何?車を選ぶ基準を見てみるサイト

弁護士費用特約の保険付帯ができる

リスクが人生を狂わせる

新しく、フルモデルチェンジした車を、買った。
3000キロまで慣らし運転がいる、と耳にして、何となく幹線道路を流す。
交通ルールと別に、よくわからないけど、暗黙の了解のようなルールがあるのか?
車一台もいない4車線の左側を、ゆっくり運転する。
カッコイイ車が、並走し始めた。
まず、真横に。
少し速度を上げて、斜め前に。
さらに、速度を下げて、斜め後ろに。
凝視して十分に堪能したのか、一瞬のうちに加速して、はるか先に走り去った。
ある時は、信号が赤で、右折レーンは空いていたので、超ゆっくり歩くくらいの速度で進んで止まった。
すると、本線は信号が青になり、追い越した本線のポルシェが動き始めた。
が、また、超低速で。
右折レーンは赤で止まったまま。
ポルシェは、交差点に入ると、あっという間に加速して行った。

自動車保険もリスクヘッジ

車を買う時、一番高い買い物になる人は、ドキドキ。
車体価格にオプションを加える金額だけではなく、諸費用として、十数万円プラスになります。
任意自動車保険も、自動車の種類(型式)と、自分の年齢や免許証の色での割引を差し引いた保険料を、一括支払いや分割払いします。
個人でネットや代理店で申し込んだり、社員対象の、会社で団体申し込みができ、割引があるものもあります。
若い時ほど保険料率が高くなり、車両保険料高額のため、高級スポーツカーを新車で買うのをあきらめた人もいます。
一般的に、事故の内容や回数で、1から20等級までの等級が設定され、保険料が等級その他に応じて、割引される仕組みです。
自動車保険に加入すると、6等級から始まり、1年事故がなければ7等級に上がり、等級が上がるのに比例して割引が増え、保険料が安くなります。
1年更新の間に事故があれば、3等級下がり割引率が減り、保険料が高くなります。


Shear!

B!