車選びのチェックポイントは何?車を選ぶ基準を見てみるサイト

駐車場の失態

車の情報通

車を購入する際には車の下調べが必要です。
本を買い熟読してみると、細かくスペックが出ているので、専門的なことがよく分かります。
国産車や輸入車の全部が掲載された本もあり、図鑑のように全モデルを見ることができ、満足感があります。
今まで車にかかわりがなく、情報が不足している人には、同車種でも販売系列会社のことや、適正値段の比較や、自動車ディーラーに行って、試乗したり、お店の人に確認するべきことや、車の仕組みなどを、解説したものもあります。
車両本体価格に加えて、有料のオプションがほとんどですから、気が付けば車の購入総価格は上がってしまうので、最低限必須のオプションと、自分のこだわりの譲れないオプションから考えていく方がよさそうですね。

車の注文から納品への流れ

新車は、好きなようにオプションでカスタマイズできます。
日本の自動車会社は、在庫を持たない、お客様から注文があってから、数十日で納品する、受注生産や、よく売れるグレードや色や装備の車を、注文前に生産を始めていて、納期を短縮させる、見込み生産という方法です。
人気車種であれば、場合によっては早く納品されるし、急がなければ、時間をかけてこだわった内容で注文した後1か月以降に、販売店で依頼すれば、管轄の警察署で自動車保管場所証明交付(車庫証明)のあと、管轄の運輸支局に提出して自動車登録し、自動車検査証(車検証)発行をしてもらうのに、プラス1週間程度かかります。
納品日が決定されたら、それまでに自分の任意自動車保険料を支払って契約し、保険契約日を自分が車に乗る納品日に間に合わせる、流れです。


Shear!

B!