車選びのチェックポイントは何?車を選ぶ基準を見てみるサイト

エンジンというか、ボディというか

新車購入と中古車購入の違い

新車は、自分の欲しいメーカーや、車種が決まったら、燃費や、ボディの色、グレード、オプション装備などを選べば注文できますが、それに対して中古車は、既に販売店にある自動車の中から、自分の目的の条件や希望を満たすものをみつけないと、購入できないものです。
中古車購入で年式や走行距離という条件も踏まえ、自動車の傷み具合をはかって販売店での相場で値段も算定されているところが、新車で購入するのとの違いです。
中古車は、車検期間の残っているもの、もしくは車検をしてから中古車販売しているものであれば、管轄の運輸支局発行の車の車検証、損害保険会社や代理店発行の自賠責保険証明書や、自動車リサイクル券が、自動車と一緒にもらえます。

自分に合うイメージ

運転免許若葉マークの人が新車を購入して、交差する細い道から、前方不注意で本線である大通りに出ようとして、本線を走る車にぶつけられ大破し、自分の車は廃車で乗れなくなり補償もなく、自分の任意保険の車両保険新車特約に加入しておらず、車のローンのみ残ったという人がいましたが、残念な結果です。
不慣れなうちは、運転技術の未熟さでの事故も多く、また、精神的なダメージも大きいので、練習するつもりで手頃な1000CCクラスの車の購入を、勧められます。
安全が確保でき、初心者でも車幅が狭くて乗りやすいことと、車庫入れもバックがしやすいため楽な車です。
車体の長さだけでなく、前輪と後輪の間隔が長くなるほど、運転技術の感覚が磨かれていないと大変です。
子どもの頃、ミニカーを手で動かして遊んだ時の、トラックと車とを比較して考えれば、カーブを曲がる時に脱輪しないための応用で、イメージが湧きますか。


Shear!

B!